<< フロントバスケット取付 | main | パンク修理(再補修) >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.04.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    後輪リング錠の掛かりが悪い

    0
      目黒区上目黒のお客さま

       電動アシスト車で、後輪のリング錠を施錠したまま動き出してしまって、スポーク(ニップル)を折るケース、バルブを折るケースが多々見られます。 
       このブログでも何度かご紹介致しました。

         2644   2626
            スポーク折れ          バルブ折れ

       折られたスポークやバルブ側だけでなく、原因となったリング錠側にも不具合が出ることがあります。

           2891   →   2892
       施錠したままリング錠のアームにガンガン当てていると、アームが曲がってしまったり、写真の様にアームの出口の部品が曲がってしまっていたり・・・。
       出口の曲がった部品がアームの通りを妨げるので、施錠時の掛かりが悪くなったり、開錠時の動きが渋くなったりします。
       リング錠を外して部品を曲げ直すことでスムーズに動くようになりました。

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.04.22 Monday
        • -
        • 18:59
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM