<< フロントキャリパーブレーキ交換 | main | 電動アシスト車のカギ紛失 >>

スポンサーサイト

0
    • 2019.04.22 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    HYDEE・B 変速機の不調

    0
      目黒区東が丘のお客さま

       電動アシスト車「HYDEE・B」のお客さまです。
       パンク修理のご依頼と一緒に変速機の不調もあるということで点検しました。

         039
       原因はこの部分。
       シフトワイヤーのアウターキャップが抜けて、引っ掛かっちゃってるんですね。
       1.2.3チェンジの調整位置がずれて不調に繋がっていたようです。
       
       下のブレーキワイヤーにも少し折れ曲がりが見えますが、駐輪場などで隣の自転車と絡んで引っ張られてしまうケースが多いようです。

       シフトワイヤーを交換することで対応します。

       
       ちなみに。
       電動アシスト車で、3段変速あるギヤの「3(一番重たいの)」のまま乗り続けている方がいらっしゃいますが(大多数がそうかもしれませんが)、できれば発進や登り坂では「2」あるいは「1」を選択してあげると機械に優しいですよ。
       軽いギヤから走り始めて徐々にスピードが乗ってきたら重いギヤに変えていく。その方がアシストの反応もよくモーターや駆動部への負担も減らせます。
       また、最近、多段変速(外装変速機)の電動アシスト車も見られますが、こちらもいつも同じギヤで乗り続けていると、そのギヤだけが磨耗して、チェンやスプロケットの磨耗を早めるようです。場面に応じて有効なギヤを選択するようにしましょう。

       

      スポンサーサイト

      0
        • 2019.04.22 Monday
        • -
        • 18:43
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM